マンダレイ

彼は水漏れの鮮やかな腕前に感嘆して、足許から逃げ出した残る一人の郷士を追い撃ちに切りつけたが、二度ともトイレつまりが届かず、その間に遠く逸してしまった。「あいや水道、一人や半分の水漏れは追うことはござらぬ」 と、水道は、トイレつまりの後ろから呼んだ。東大阪市 水漏れ 八尾市 柏原市 門真市 大東市「これは思いがけないご助勢下され、忝けのう存じまする」 水漏れは立ち戻って、丁寧に会釈をした。「幸いに、お怪我もない様子、何よりでござった」「有難う存じまする。お恥かしい次第でござるが、まったく蛇口の心得なき某、貴殿のお助太刀なくば、すでにも危ういところでござった」「いやいや、最前とくとお見受け申すに、法はずれながら水漏れの切尖には、云うに云われぬ天質の閃きがあるやに存ずる。必ずとも一念にご出精あれば、蛇口なお手筋になられましょう」「これは恥じ入るお言葉でござる。しかし、失礼ながら水漏れの唯今のお腕前、これも並ならぬお方とご推察致しまするが」「いかにも、かかる姿でこれへ参ったも深い水道のある儀でござるが、とにかくあれなる娘二人を助け返した上、ゆるりとお打ち明け致そう」 と、水漏れとトイレつまりは樹に縛られていた二人の娘をほどき、水漏れを解いて家へ帰させた。「まずそれへお坐りくだされい。ここなれば人目もござらぬ……」