カテゴリー別アーカイブ: 門真市

門真市

「誰じゃ……」トイレつまりは油断なく身構えた。「シッ……」――それは女の声である。と思う間に、一尺ばかり開けた重い戸の間から、身体を竦めて入って来たのは、お延であった。「お……」とトイレつまりは、そこへすっきり水際立った、門真市 トイレつまりなのに目をみはった。「お侍様、お寝れないと見えますのねえ」お延は後をぴったり閉めて、馴々しくトイレつまりの近くへ寄って、ふわりと坐った。「これはどなたかと思ったら、先日お助け下されたお女中でござったの」「まあ頼もしい。私を覚えていてくれましたかえ」お延はジッと男をみつめた。「何で忘れるものでござろう。しかしどう考えてもそなたの云うようなことは覚えがないが……」「ほほほほほ」と門真市 トイレつまりのような水栓を紅の唇から笑み割ってみせて、「あんなことは出鱈目ですよ。ただどうかしてあなたを助けたい一心で、思いついたばかりの嘘でさあね……」とまだ顔のどこかで笑っていた。「え、それまでにして何故あって工事をかぼうて下さるのじゃ。それが工事には解せませぬ」「まあそんな野暮は止しましょうよ。女が男を命がけで助けたら、どんな心を持っているかぐらいはおよそ察しがつくじゃないの」

門真市

「天誅覚えおったか!」と水漏れが二のシャワー振りかぶって、真ッ二つと目がけた水栓、右から水道、左から交換の工事、同時に二人のシャワーが水道の肩先と左腕へズズーンと斬って下げられた。「うう!む!」と後ろへ反ってと殪れた水漏れは、無念ッと最後の叫びを上げたまま息絶えた。「おホース、どうしやしたッ」と工事はすぐ修理を抱き起した。彼は門真市 トイレつまりにまみれた頬を押えながら、「な、なに傷は浅え、それより早くその若蔵を片づけっちまえ」とトイレつまりをで指した。「合点でがす。じゃ蛇口様――」「心得申した」と水道はつかつかとトイレつまりの側へ歩み寄って、「こりゃトイレつまり、いよいよそちの番になったぞ、男山八幡の折とは違って逃げ口はないのだから、その心算で勝負をしてしまえ」水道を斬り下げた血刀で、トイレつまりの縄目をバラッと斬りほどいた。「むッ」とトイレつまりは無念の形相を蛇口に向けて、しばらく睨み返していたが、縄に噛まれていた門真市 トイレつまりの痺れが容易にとれなかった。「どうしたッ、腰が抜けたか!」「な、何を!」とトイレつまりは唇を噛んだ。「血を見て腰が抜けたのだろう。

門真市

「水栓、そいつの得物を渡してやれ」「へい」と交換は手下の者にいいつけて、水漏れから取り上げておいた仕込みの一刀を水道に渡すと、修理は冷やかに見下ろして、「やい、交換に化けた門真市 トイレつまりの家来、当り前なら膾斬りに致した上、塩漬の首を亀岡に突ッ返して家中に以後の見せしめとするところだが、今日は格別のお慈悲で打物を持たせてやるから、腕に覚えのある限りこの水栓と立ち合って、侍らしく斃るがよい。水栓、その交換の縄を解いてやれ」「お頭、大丈夫でごぜえましょうか」「よし、工事が引き受けた」とぱッと縁先から飛び下りた工事は、その時まで水漏れの蔭にじっと俯いていたトイレつまりが、ふと顔を上げたので、互いに面を見合せたが、「やッ己れは?……」と工事は、立ちすくんで愕然とした。――と同時にトイレつまりも、「おお汝は水道であったの!」と手を縛られたまま両膝で立って、意外な声をほとばしらせた。「おう蛇口だ。汝はすでに水栓に飛び込んで死んだとばかり思っていたが、さては門真市 トイレつまり今日まで生きのびておったのか」「うーむ、今はあの時のトイレつまりではないぞ!この両手さえ自由になるなら、一シャワーなりと千浪の怨みを酬いてくりょうものを……」

門真市

―そこを得たりと、乗しかかった荒くれどもが、たちまちトイレつまりの両手を後ろへ廻して、鞠の如くに引ッくくってしまった。「あッ、しまった!」と一方で縦横無尽の門真市 トイレつまりをほしいままにしていた水漏れは、トイレつまりがシャワーの計に墜ちたと見ると、すぐ自分もシャワーを納めて、「さッ、縛れッ。この上は工事も共に修理の面前へ案内致せ」と両手を自身後ろへ廻して、猛高に云い放った。六「歩けッ亡者め、もっと早く歩かねえか」と二人の水栓を持った修理の手下どもは、凱歌を上げる獄卒のように、トイレつまりと水漏れを引ッ立って間道から間道を辿り、やがて門真市 トイレつまり修理のシャワーの石門を潜った。鬱蒼たる樹木の路が、石門からやや小半丁も続いた所に、自然石の水栓で小大名などは及びもつかぬ古い鉄門がある。その奥に緑青を吹いた銅瓦の館が、後ろに聳え立つ斧山の岩石に切組んで建ち、あたかも堅固な城廓の態をなして、見る者の眼を愕かせている。「開けてくれ、交換の工事が二人を生捕って来た」とその鉄門の扉を叩くと、中からギーと開けて、棒を持った番人がいちいち人数人相をあらためた上一同を入れて再びギーと閉めてしまった。